PROFILE

大下宗吾

下宗吾 SHUGO OSHITA

>>プロフィール詳細&メディア出演情報
(CREATIVE OFFICE CUEサイトへ)

小橋亜樹

橋亜樹 AKI KOHASHI

>>プロフィール詳細&メディア出演情報
(CREATIVE OFFICE CUEサイトへ)

1970〜1990年代

小橋赤ちゃん

1972年9月27日 旭川市にて産声をあげる。
乳離れして間もなく、祖父がカルピスを与えたところカルピス狂になり、「カッピー、カッピー」とカルピスなしでは生きていけない子になる。

小橋小学生

1979年 小学校入学 「カッピー」にも飽き、コーヒー牛乳にパンを浸して食べる「ひたパン」を祖父に教えられその虜に。どんどん体重が増えはじめるも「私はデブじゃない!」と訴え続けていたが、卒業時の寄せ書きに「アキちゃん中学校に行ったら痩せて下さい。」と複数の人にコメントされ、ようやく太っていることを自覚する。

小橋中学生

1985年 中学校入学 初恋。クリスマスに手編みのセーターをプレゼントして告白。結局、首周りが小さくて頭が入らなかったらしい...が、一途な気持ちに相手もうたれたのか交際スタート。しかし交際といってもお互い意識し過ぎで、なかなか2人きりにはなれず、グループで遊ぶ程度のかわいらしいものだった。最終的には卒業式に「お互い別々の高校でいい人を見つけよう。」とあっさりフラれる結果となる。

小橋高校生

1988年 高校入学 9才年上の男性にハマる。「学校なんてつまんねーよ。とっととやめて俺のところに来いよ。」という彼の一言と若気のいたり諸々で退学のち約8ヶ月で破局。
そんな中、新聞の「バスガイド募集」の文字に目がとまる、若かりし頃ガイドだった叔母のすすめもあり面接を受ける事になる。「絶対後悔させません。」「私をとらなきゃ損」等、かなりゴリ押しの作文を書いたところ、おもしろいかもしれないと見事採用される。

小橋バスガイド

1989年 バスガイド時代 ぶ厚い教本の暗記、歌の練習などつらい研修を経て全道を駆け巡り名物バスガイドと呼ばれる。独特のキャラクターはお客に愛されるだけにとどまらず、運転手、男性ツアーガイドも魅了し、モテまくりの黄金期であった...なんて書いてみる(^-^;
入社3年たったある時、たまたま車中に流れていたラジオでパーソナリティオーディションの告知を耳にしダメもとで応募。

小橋バブル

1993年 札幌へ 「HBC第1回スーパーオーディション」で準グランプリを獲得。
バス会社の皆に見送られ、旭川を後に札幌でひとり暮らしを始める。
当初は担当番組も少なく、他番組のADをしながらの貧乏生活が続く。それでも夢をあきらめず、こつこつとラジオパーソナイティーの階段をのぼる。

小橋デビュー

1999年 オフィスキュー所属。 事務所唯一の紅一点ブサイクキャラでタレントとして活動を始める。
同年7月、小学生の時に近所の宣教師に教えられたノストラダムスの大予言が本当に起こると思い、定期預金解約。全財産を使いきったものの地球は滅亡せずゼロからのスタート。

1978年3月7日 釧路市にて産声をあげる。
父は5人兄弟の末っ子、母は7人兄弟の末っ子であり、そのB型の末っ子同士から生まれた生粋のB型。

大下小学生

1984年 小学校入学 祖父母の金婚式にて安来節のどじょうすくいを親戚の前で披露。
この時から人前で笑いを取る事に快感を得る。

大下中学生

1990年 中学校入学 全くモテない大下少年は何とか目立とうと、学芸会の演劇で演じた「へっぽこダンサー役」でブレイク。しかし結局女子にはモテず、後輩の男子から何故か人気が上がり、卒業式では第五ボタン+生徒手帳まで後輩男子にはぎ取られる。

大下中体連

1992年 陸上部 陸上部に所属し、全く練習もしていなかったが何故か走り幅跳びの代表として全道大会に出場。この写真から見てお分かりの通り、素晴らしいジャンプを見せた。しかし結果は3回連続ファウルで失格。

大下高校生

1993年 高校入学 高校に入っても全くモテずバイト三昧。地元スーパーのバックヤードのバイトを週6でやっていたため、一部の同級生から「大下週六」と呼ばれていた。
再度モテようと高校2年生の時に学校祭バンドを結成、ユニコーンのコピーバンドでギターを担当。特にモテず。

1995年 札幌よしもと時代 高校3年生の時に吉本興業札幌事務所の門を叩く。同級生を相方に誘い、「パートアント」という名前でコンビを結成。月に一度、テレビ番組に出演。当時のディレクターさんにあの藤村忠寿氏がいた事をオフィスキューに入ってから知る。
高校では男子便所にてネタ見せを同級生に行うも、華麗にスルーされることが多かった。
卒業間近になり相方から「恥ずかしいからそろそろ辞めたい」と告げられ、高校卒業と共にコンビは解散。約10ヶ月の活動であった。

大下営業マン

1996年 営業マン時代 コンビ解散後、ピンとしての活動も考えたが、やむなく断念し就職。4年ほど商事会社の営業マンとして働く。実は大下安すぎの「取扱い商品は爪楊枝からジェット機まで!」はこの会社の時にお客さんに実際に言っていたセリフである。しかし、その会社の将来を見いだせず退社。1年半後にその会社は倒産した。

2000〜2003年

2000年3月 HBCラジオ「ベストテンほっかいどう21」スタート。
現在もラジオ相方である"とむ"こと中野智樹(妹はあさみ(寿司職人)とコンビを組む。
この辺りからテレビ出演もし始め、各番組でリポーターなどを担当。
初リポートはブリッジスイング。地上25メートルの橋上から川に向かってまっ逆さま飛び降りるシロモノ。若干の尿漏れ。

2001年2月 チキンラーメンにあんかけをかけるオリジナルアレンジ料理「チキンラーメンにあんかけかけるやつ」を考案。またこの時期、なにかあれば必ず串鳥で乾杯。お通しの鳥スープは必ずおかわり。

2002年9月 30歳記念にと友人達が「レッツ30パーティ☆」を企画してくれ数日に渡り酔いどれ、人間のち廃人。
更に30歳記念にと行った占いで「金色に包まれており一生金に困らない。」と言われた日に財布を落とす。

小橋よさこい

2003年6月 よさこいソーラン祭りで三重県津市のチーム「だったらあげちゃえよ津」の楽曲歌唱。
ファイナルまで残りメインステージで歌い始めた途端、腹式呼吸の影響かはたまた昼飯の食べ過ぎかで衣装のスカートボタンが弾けとび一瞬にして黒タイツ姿に。しばらくの間「江頭力道山」と呼ばれる。

大下カラオケ

2001年 パチプロ時代 近所にパチンコ屋がオープンし、その後1年半の間パチプロに。額は言えないが、けっこう稼いでいた。

大下デビュー

2003年 オフィスキューに所属 パチプロに限界を感じ、人生の方向性を探っていた際に「オフィスキューネクストジェネレーション2003」がある事を当時の彼女から教えてもらい、オーディションに参加。それがきっかけにオフィスキューにお世話になる事に。 ちなみにその彼女とはオーディションから三ヶ月後「先が見えない」と言われ6年間の交際を終えている。

2003年 秋 オフィスキューに入ってすぐにHTB「ぽっぷこ〜んシネマ」でレポーターデビュー。朗読が大の苦手ということもあり、しばらくの間は、たった2行しかないセリフを噛むという失態を繰り返していた。

2003年新人の大下が先輩の小橋に「小橋さん、いつか一緒にライブやりましょう!」と勇気を振り絞って伝えるも、「おー、やろうよ!」と軽くあしらわれる。

2004〜2008年

2004年7月 大好きなお友達・ヘアメイクさんスタイリストさんと東北旅行へ。温泉宿のスナックで歌っているとたまたま居合わせた地元放送局のプロデューサーさん風な人に「歌手にしてやろうか?」と怪しいスカウトをされるも「私達は旅人ですので...」とはぐらかす。
「飲むしょ朝まで」リリース。すなわち女三人浴衣で歩き、すれ違い様の男達に「なまら0点」と言われたのも、この時期。

2005年10月 小橋亜樹・北川久仁子・宮崎奈緒美 女三人のトーク番組、UHB「ど〜せヒマでしょ!?」がスタート。同時にクッキングパパの顔真似取得。

2006年2月 「女100人飲むしょ朝までin定山渓温泉ツアー」開催。女子100人と酔いどれる。
同年12月、入籍。
すごく普通な本名になり役所や銀行で呼ばれてもしばらく気付かず、窓口の人に怪訝な顔をされまくる。

2007年 泥酔。ダウンしてテーブルにうつ伏せになった瞬間トマトジュースとビールを割るカクテル「レッドアイ」をテーブルにこぼしまるで血まみれ状態で倒れている風に。帰宅した旦那さん(のんきくん)に死体と間違われ通報されそうに。

2008年 酩酊。座椅子に座りながら寝てしまうこと多々。
上手にそのまんま後ろに引っくり返ってしまっても寝ているようで、その姿我が家では「緊急脱出」と呼ばれる小橋芸能のひとつ。ちなみに横に倒れると何となく漢字の雰囲気が似ているところから「己(おのれ)」スタイルと呼ばれる。

2004年 駐車場のバイトを併行してこなす毎日。駐車に来た車を運転して移動させるので、日本に存在するほとんどの車種を制覇。車庫入れもプロ級になる。
オフィスキュー副社長が駐車しにきた際、副社長が車内に財布を忘れていることに気づき、ネイルサロンまで届けるという小さな英雄伝を作る。

2006年 HBC「ユメイロ。」という午前中の情報番組のレポーターに抜擢される。この時に撮った、番組ポスターに写っている自分自身の目がメガネの反射のせいで気持ち悪いと感じ、メガネからレンズを外す事を決意。以来、伊達メガネ人間になる。

2007年 『ゴルフを始めてしまったがために、ある夜に大泉洋氏から電話が来て「明日ゴルフするぞ!」と誘われる。「わかりました!どこですか?」と聞き返すと「それはお前が取れ!」と逆に言われ、前日の夜に空いているゴルフ場を探す』担当に着任。

2008年 『ゴルフを始めてしまったがために、ある夜に戸次重幸氏から電話が来て「明後日ゴルフするぞ!」と誘われる。頻繁に誘われるが、絶対に毎回15分遅刻される』担当に着任。以後、戸次重幸氏との約束時間は15分早めに伝えることを心に決める。

2008年 「エンタの神様」に出演。"あるある婆さん"ネタで『実力派の大下宗吾がおばあさん芸人になりきって今夜エンタに初登場--!!!』と紹介されるも、ネタが過激すぎて論議をかもしだすはめに。

2008年『CUE DREAM JAMBOREE 2008』でグッズ紹介をテレビショッピング風にグッズを紹介する事に。ここでキャシー小橋と大下安すぎが初めてお目見えする。(しかし、当初はまだネーミングがふわふわしていた為、「大下どうした」という名前で紹介された事も)

2009年〜

2009年 狂酔。文字どおり

2009年 HBC「hanaテレビ」内で毎日放送される全道179市町村の名物を探す旅「しゅうごの週五旅」が始まる。ほぼ毎週どこかの市町村に泊りがけで出かけアポなしロケを敢行。(2012年現在も続いている)

2009年 夏 『札幌の飲食店に顔が広く知られるようになってしまったがために、夜な夜な大泉洋氏から電話が来て「明日飯!どこか!」と言われ、前日の夜に飲食店を探す』担当に着任。

DAISHOW HISTORY

2009年

大小としての初のライブ"大下宗吾×小橋亜樹ライブ「DaiShow」"を敢行
ネタ作りから密に取り組んでいくにつれ、大下の集中力が30分しかもたない事が判明(その後のトレーニングで1年に5分ずつ集中力が延びているという(本人談)
一方小橋は、本番直前の稽古前に自宅でえも言われぬ腹痛に襲われ、救急車で運ばれる。本人は「目に見えないストレスって言うの〜?意外と繊細なのさ〜」と言っているが、周囲の情報によると前日に好物のスルメを大量に食べていたのが原因なのでは!?との噂も。
「つるとカメのコント」でしげさんにネタ見せをして、細かい演技指導など的確なアドバイスをしてもらったのも、このライブ。

<大小ソング>
・ゼロワンツーゼロ(キャシーver)

2010年

オクラホマと合同で行う初のライブツアー"オクラホマ×大小ライブツアー「DaiオクラホマShow」"を敢行。
この頃から小橋は、キャシーのリップメイクをする度に、口の周りが腫れ上がるようになり、病院に行くも不審がられる。
大下は特記事項無し。

<大小ソング>
・ゼロワンツーゼロ(キャシー&安すぎver)
・肉の熊沢
・やつめ寿司
・大きな夢を叶える為に小さなことから始めましょう
・猫飼いたい

2011年

オクラホマ・大小として2度目のとなる"オクラホマ×大小ライブツアー「DaiオクラホマShow 2011」"を敢行。コンビをミックスしたネタにも挑戦する。
この頃、小橋は流線型脱毛症(小橋命名※写真参照)になる。

〈大小ソング〉
・衝撃あばずれガール
・寿司食いてぇ
・北海生乾き節

2012年

大小としての活動をどんどん広める...予定